MENU
プライベート

アカヒレの寿命は?4年越えも

今日は、オーナーの趣味のアクアリウムの話ですので、ご興味ある方のみお付き合いください(笑)

サロンに置いてある小型水槽では、ゴールデンアカヒレを飼っています。

1.ゴールデンアカヒレはこんな魚

akahire

 

 

 

 

 

 

 

 

アカヒレは室内であれば常温(加温なし)で、ろ過装置がなくても飼育が可能な、大丈夫な魚です(ろ過装置があるに越したことはありませんが)。

大きさはメダカとほぼ同じか少し小さい位。

真冬以外は活発に動きまわり、エサもバクバクとどん欲に食べます。

アクアリウム初心者にはとても飼いやすい魚です。

2.アカヒレの寿命はどれくらい?実際に生きた年数

オンラインペットショップのチャームcharmでアカヒレを購入してから早くも丸4年。

徐々に寿命で★になっていく子たちが出ています。

昨年秋も寿命で1匹、今年の秋も気温が急激に下がり始めた時期に2匹が★に。

アカヒレの寿命はネットで調べると2~3年ほどとあります。

うちに来た時点ですでにある程度の大きさに成長していたので、結構長生きかもしれません。

3.歳を取ったアカヒレの特徴

何匹かのアカヒレを看取って分かったのは、寿命が近づいてくると、大体腰が曲がって痩せてきます。

写真の一番上の子がそうです。

泳ぎもちょっとトロくなり、餌を仲間と競って食べるのが苦手に(でも食欲は旺盛です)。

徐々に、葉の上で休んだりして泳ぐのが辛そうになり、最後は沈んでしまいます(死期近し)。

他のアカヒレが弱って沈んでいる子をつついたりするので、一匹だけ隔離してあげたりもしますが、やはり最後には餌を食べても食べなくても、死んでしまいます。

4.アカヒレのフィン・スプレッディングとは?(動画あり)

元気な親の世代のアカヒレ達は子どもよりも一回り大きく、背びれもとっても立派です。

時々フィンスプレッディングもしています。

フィンスプレッディングとは、魚がヒレを広げて縄張りやメスを争って闘争をすることです。

飼い始めて3年経つゴールデンアカヒレのオス2匹がヒレを広げてアピールしたので、メスと隔離したところ、産卵しました。

フィンスプレッディングの様子はコチラ

→アカヒレを卵から育てる記録はコチラ

秋から冬の変わり目を越えられた親アカヒレは、またもうしばらく元気でいてくれると思うので、長生きしてほしいです。



オーナーセラピスト
マンダムール 伊藤みゆき
東京目黒の女性専用サロン、マン・ダムールのあれこれを紹介していきます。
\ Follow me /