バストケア&姿勢矯正

バストケア&姿勢矯正 導入から3年経ち

マン・ダムールにて、バストケア&姿勢矯正の施術を始めて丸3年が経ちました。

今日はバストケアの施術の思い出話を紹介します。

きっかけは銭湯

当時、私は何かに悩んでいました。

今となっては何に悩んでいたのか思い出せない程度なのですが、「そんな時は温泉でゆるむと良いよ~」と友人に勧められて、

近所の武蔵小山の清水湯に行きました。

銭湯や温浴施設に普段行かないため、年配から若い女性までの丸裸をちゃんと見たのは久しぶりでした。

「いや、普通見ないでしょ」と思われるかもしれませんが、セラピストという職業柄、つい観察してしまうのです(;^_^A

そして「胸垂れすぎ!開きすぎ!」と衝撃を受けました。

私も40代なのであまり人のことは言えませんが、それでも10代後半から補正下着をつけていたので、そこまではありません。

なんとなく、女性の胸はグラビア女優や綺麗めのAV女優さんのような胸が当たり前だと思っていました。

女性の裸をまじまじと見たことのない思春期の男の子みたいですね(;^_^A

なのに、20代の大学生らしい女性たちでさえ、デコルテが痩せて、おっぱいが下にたゆんとしてしまい、年齢が上がった女性の胸はさらに勿体ないことに。

温泉に入って気持ちをゆるめるどころか、元宮崎県知事の東国原さんみたいに「どげんかせんといかん」という強い危機感を持ってお風呂から上がりました。

 

かといって、補正下着やナイトブラを付けた自分の胸も年々元気がなくなっていく、これはどうすれば良いんだろうと考えていた矢先に、

小顔の師匠である中井先生の名古屋のエステで、バストアップの施術のビフォーアフター写真が載っていたのを思い出しました。

名古屋までバストアップの体験を受けに行くことに

中井先生が東京にいらした際に、技術のフォローアップでお会いした際に聞いたところ、

先日小顔矯正のお店がバストケアサロンとくっついたそうです。

バストのビフォーアフター写真も「寄せて上げて」の加工写真でなくて、「本当にああなるんだよ」と。

にわかには信じられないけれど信頼できる先生がそう言うのだから本当なんだろうな~、と思っていると、

「気になるなら、体験施術を受けに行ってみる?」とのお申し出が。

思い立ったが吉日、即行動!

サロンがお休みの日に新幹線で名古屋に行きました。

迎えてくださった寺澤先生は私より少し年上にもかかわらず、大きいけれどバストトップの位置が高いので太って見えない爆乳を見て、

みゆき先生
みゆき先生
あ、年齢に関係なく美バストは求めれば手に入るんだ~。諦めなくて良いんだ! 

と思い直しました。

先生のサロンの従業員の2人もAカップとBカップだったのに、今はDカップだそうです。

もちろん、豊胸手術ではないのでその人の体の限界はありますが、2カップupも望めば手に入るそう。

バストの施術自体はとっても気持ち良く、そして施術後は、丸一日中、糖尿病になったのかしら?と疑うほどに、のどが渇きました。

寺澤先生曰く、私は効果が出やすい方らしいですが、のどが渇くというのはそれだけリンパが流れている証拠だなと、体にも良いなと実感しました。

写真のBeforeと1回後が体験施術の時の写真です(3回目は研修時)。

研修とメニュー名決定

東京に戻った翌朝、お風呂に入ろうとバストを両手で触ると、

フワフワのマシュマロみたいな触り心地で「気持ち良い~」と思わず声が漏れてしまいました。

「これは本物だ」とすぐに研修を受けることを決意しました。

幸い、寺澤先生が展示会の都合で東京にいらっしゃる機会があり、贅沢なことに東京で研修を受けることができました(宿泊はこちらが手配)。

モデルは70代(当時)の母と、長年のお客様でもある美容雑誌のライターさん。

寺澤先生も70代女性にするのは初めてだそうですが、母でも変わりました。

母が言っていたのは、

母
胸も大事だが、姿勢が変わるのがとても有難い

同じことを、施術を練習台として受けてくれた雑誌のエディターやイラストレーターの友人からも言われました。

そこで当店での施術名称は、バストアップではなく「バストケア&姿勢矯正」としました。

施術を始めてからの試行錯誤

バストケアの施術を習った後、私が何年も担当しているお客様達に施術すると、1回目から目が点になる位に驚かれました。

お客様
お客様
自分以外は誰も触らなくても、胸が元気で張りがあるって、究極の自己満足だと思う

お客様
お客様
(姿勢が変わったせいで)呼吸がしやすくなって、よく眠れるようになりました

と30代~50代のお客様に大好評でした。

それなら、とバスト専門のスタッフを雇い教えたのですが、新規のお客様は比較写真が予想ほどに変わっていない。

1回で効果を感じられないから2回目の予約はキャンセルしますというお客様も( ノД`)。

なぜだろう?と悩みました。

バストが変わりづらい原因は背中の〇〇

もちろん新しいスタッフの技術力もありますが、より大きな違いは、新規のお客様達についた背中のセルライトでした。

若い痩せている女性にはセルライトはないように思われるかもしれませんが、ふっくらしている方ならまだしも、細い猫背の方ほど背中のお肉がほぼセルライト化し固く動きづらくなっています。

私が長く担当するお客様達は全部ほぐしてしまってあり、また脂肪も若い方より柔らかくなっているため動かしやすかったのです。

寺澤先生のエステ店のように初回後は回数券制ならば毎週のように来てもらえるので徐々に変えていけば良いのですが、

マン・ダムールは都度払いで、1回目から結果を出さないといけないのです。

そこで60分ではなく90分に施術時間を伸ばし、背中のセルライトをしっかりほぐすようにしてからは、1回目から大分結果を出せるようになってきました。

それでもやはり、若い方で一度もセルライト除去をしたことがない方は3度目くらいまではある程度は間隔を開けずに詰めてきた方が結果が大きいな、というのが現在の印象です。

ブラジャーの重要性

バストケアの仕上がりを具合を左右するもう一つのポイントは、ブラジャーです。

バストは跳び箱のようなものとよくお客様にはお伝えしていますが、

普段からしっかり胸を支えてあれば、その上に脂肪を積み上げることは容易です。

ですが、ノーブラやブラトップなどでお肉を流してしまっている方は、土台がないので、積み上げてもすぐに崩れてしまいます。

補正効果のあるブラジャーをしている方は、本当に容易に胸が変わっていきます。

現在は市販でもお値段も決して高くなく、良いブラジャーを販売しているので、施術を受けると同時に購入されることをぜひおすすめします(簡単に買いに行くことができ、勧誘などのないおすすめのメーカーのものはご来店時にお伝えしております)。

※施術を数回受けてから購入するのではなく、初回施術後に買って付けておいた方が良いです。その方が施術後の脂肪が定着しやすくなります。

Tシャツ、カットソー1枚着ただけで決まる美しい曲線美は、普段の心がけ一つですよ。

新しい方法でさらにパワーアップ

前スタッフが急に辞めた後、困っている私を助けるために戻ってきてくれたスタッフKumikoの着想で進化した方法で、さらにバストを動かす効果がアップしました。

片胸10分、20分で両胸でOKで、それ以外の時間をリンパを流しセルライトをほぐして、胸に持ってくる脂肪を柔らかくすることに当てられます。

Kumikoがバストケア&姿勢矯正を担当しているお客様(月1ペースでご来店)からはこんな感想をお送りいただきました。

3回目の施術でした。

いつもすごく癒されて途中から寝てしまっているので何をされているのか、分からないのが残念ですが、終わった後の身体の目で見える変化と体の軽さには、いつも感動です。

初回からの写真を追っていくと、背中がすっきりしていて、肩甲骨が寄ってるのが確認できてびっくりです。

あんなに、筋トレしても毎日ストレッチしても変わらなかったのに・・・。

身体のメンテナンスは、プロにお任せするのが正解なんだなって改めて思いました。ありがとうございます。 

らい様(50代)

マンダムールの施術はどんどん進化しています。

前スタッフの再本や前々スタッフの高橋の際には、期待していたほどは効果を実感できなかった方も、もしよろしければ久しぶりにいらしてみてください。

当時よりもさらに変わったマンダムールの手法を実感していただけると思いますよ。

5月のKumikoの予約は4月1日の未明にオンライン予約可能になります。

インスタのストーリーでも告知いたしますので、気になる方はフォローしてくださいね。

ヴィクトリアシークレットのモデルのような美胸になろう!下着メーカーのヴィクトリアシークレットのモデルさん(ヴィクシーモデル、またはエンジェルズとも呼ばれる)のような美乳、憧れませんか? 知...

 

オーナーセラピスト
マンダムール 伊藤みゆき
東京目黒の女性専用サロン、マン・ダムールのあれこれを紹介していきます。
\ Follow me /