美容情報

寒い季節におすすめの食べ物&料理方法とは?

高橋先生
高橋先生
バストケア&姿勢矯正担当の高橋です。

今日は、これからの季節におすすめの食べ物や料理法をお伝えしようと思います。

いよいよ立冬。これから冬がやってきますよ〜という意味の立冬を迎えるとますます秋が深まって参ります。

だんだん空気も乾燥して来ますのでお肌だけでなくお身体の方もそろそろ本格的に冬支度を始めましょう。

冬におすすめの食べ物

気温が低くなってくると当然お身体も冷えてきますね。

まずは身体の中から温めることが大切です。

基本的にはその季節に採れるものがそのときの身体に必要な栄養や働きを持っています。

ですから、まずは旬のものを。

寒くなるとゴボウ、蓮根、人参、大根などの根菜類が美味しくなってきます。

これらは細胞を引き締め、体温が逃げないようにしてくれるので身体の芯から温まります。

それとお米やお蕎麦などの炭水化物。

ちょうど新米や新蕎麦が出るのもこの季節に必要だからですね。

そしてさつまいも、ジャガイモなどの芋類。

これらは一見身体を温めてくれそうですが、実は逆。

カリウムが多いので食べ過ぎると身体を冷やしてしまいます。

なので塩分もしっかり摂ってバランスを取りましょう。

ベイクドポテトにバター、焼きいもに塩が合うのは理にかなっているのですね。

里芋はそのヌメリが腸の粘膜に優しく作用すると言われていますので、煮っ転がしやきぬかつぎなどで塩気を補いながら美味しくいただきましょう。

お味噌は身体を芯からポカポカにしてくれるので1日に一杯のお味噌汁がオススメですよ。

そして秋・冬のフルーツといえばりんご

柿は特に身体が冷えますので、冷え性の方はほどほどに。

りんごは煮て食べても美味しいですね。

おすすめの料理法


焼く、揚げる、炒める、蒸すなど火を使ってしっかり加熱すること。

夏は生野菜が美味しいサラダも冬場はちょっぴり控えめに。

蒸し野菜なら身体を冷やさずお野菜がたっぷり摂れるのでおすすめ。

蒸すのは蒸気も加わるので、実は乾燥しがちな冬にぴったりの料理法なのですね。

優しい蒸気がふんわり温めながら緊張した身体を程よく緩めてくれますよ。

蒸すといえばよもぎ蒸し。もう体験されましたか?

よもぎはお茶として飲むと血液を浄化し、鉄分などのミネラルを補ってくれる優れもの。

貧血気味の女性には嬉しい作用がたくさんですね。

よもぎ蒸しは、そのよもぎの持つ薬効を身体の外側から取り入れる方法です。

よもぎを煎じた時に出る蒸気を当てる生殖器は、腕の内側の40〜50倍の吸収率と言われます。

一般に経皮毒と呼ばれる合成洗剤や香料の吸収率が高いので気をつける必要があるのですが(香り付きのナプキンなどはやめましょうね)それと同様に良い成分もたくさん吸収します。

ですから、冷え性をはじめとする身体の不調がある方はぜひよもぎ蒸しでよもぎの薬効をたっぷり吸収して寒い冬を乗り切りましょう。

そしてよもぎ蒸しでお身体を温めてからセルライト除去やリンパを流すと効果がグンと上がります。

11月からよもぎ蒸しキャンペーンを実施しておりますので、ぜひこの機会にお試しくださいね。

施術中、ちょっとしたお身体の不調や食べ物についてのご質問などにもお答え出来ますので、お気軽にお声掛けくださいませ。

よもぎ蒸しのキャンペーンはこちら

 


一日数名限定の個人サロンのため、ご予定が立つ方はお早目のご予約をお勧めしております。