小顔矯正

マン・ダムールの小顔矯正は、自分の顔を好きになれる施術です

マン・ダムールの小顔矯正を受けたお客様が仰るのは、ハッピー&サプライズな言葉です。

お客様
お客様
体重はほとんど変わっていないのに「痩せた?」と聞かれたり、「痩せたよね」とよく言われる。
お客様
お客様
鏡を見てニマニマしていると、ついトイレ滞在時間が長くなっちゃって
お客様
お客様
20代の時よりも今の顔の方が好きです。自分を可愛いって思えるようになりました
お客様
お客様
美容院で鏡を見るのが苦手で、美容院に行くのが嫌だったけど、今は嫌ではなくなりました
お客様
お客様
街中のガラスに映った自分の横顔を見ると、すっきりしたな~と思う
お客様
お客様
(妊娠中にもかかわらず)『綺麗になったね』とよく言われる
お客様
お客様
「憑き物が落ちたように晴れやかな顔だね」って言われて、私そんなに疲れた顔してたのかと逆にびっくり
お客様
お客様
顔がすっきり変わりすぎて、久しぶりにあった人が、自分でなく周りの同僚に理由を聞いてた
お客様
お客様
父から『ずっと疲れた顔をしていて心配だったが、元気な優しい顔になって安心した』と言われた。そんな風に思ってたことに驚いた。
お客様
お客様
お酒を飲んだ翌日や、夜勤明けでも顔のむくみが気にならなくなりました

などなど、本当に数知れず。

 

マン・ダムールの小顔矯正を受けると女性は、

美しくなり、

元気&若くなり、

表情が柔和になり、

性格まで良く見え、

モテる顔、愛され顔になります。

お客様の中に元から眠っていた女神のような顔、乙女の顔、穢れを知らない少女の頃の顔が小顔矯正によって削り出されていくのです。

 

私も自分の顔があまり好きでなかったので写真など撮らなかったのですが、小顔の技術を習得してからは結構良いんじゃない?と自惚れられるようになりました。

骨格矯正だけは自分に自分で出来ないのが難点ですが(さらに小さくなるので)。

 

その理由は・・・

顔には、ものすごくたくさんのパーツがあります。

ざっと思いつくだけでも、

額・眉・目(上まぶた、下まぶた)頬骨・ほっぺ・口回り・アゴ先・フェイスライン・アゴ下・・・。

小顔矯正ではこれら一つ一つを絶妙に変えていくのです。

それはバランスであり、美の領域です。

 

例えば、頬がこけている人に、ほっぺの肉を取りすぎたら、骸骨みたいな顔に、

面長が悩みの人に、顔をスリムにしては、より顔が長くなって、結果は最悪です。

お客様の顔の老廃物がある程度は答えを教えてくれるのですが、やみくもに取ればよいのでなく、どのくらい取るかも考えないといけません。

本人のなりたい顔の希望をしっかり聞きつつ、全体の美的調和を考えながら施術しなければいけないのです。

 

そういう点では、小顔矯正は

単に値段が安いとか、

立地が良いとか、

有名人が行っているから(そういう宣伝方法なので)で選ぶのでなく、

実際に行った人の意見や、

美的感覚にすぐれ技術が卓越した施術者、

研究し続ける姿勢を持った施術者の施術を受けるのが一番かと思いますよ。

 

なぜかというと、一度取れた脂肪は、体が5~10キロ太らない限り戻らないほどに元通りにしづらいものだからです(頬などは骨格矯正でまた少し寄せてふっくらさせることはできますが)。